乾癬はL-92乳酸菌で治るのか?免疫機能を改善して皮膚疾患を治療しよう

乾癬 L-92乳酸菌

乾癬は見た目も病状もとてもつらい病気です。できれば早めに治していきたいですよね。

乾癬には塗り薬など、一時的な対症療法が挙げられますが、本質的に免疫機能を改善しなければ完治しません。

乳酸菌が免疫改善に効くと言われています。しかし乾癬において、免疫機能を良くするために効果的なのはL-92乳酸菌なのか検証していきたいと思います。

当サイトおすすめの乳酸菌サプリメントは、こちらでご紹介しております。
>>空振りナシ! 乾癬用サプリメントランキング

L-92乳酸菌とは?

乾癬 L-92乳酸菌

乳酸菌の中でとび抜けて有名なのはL-92乳酸菌です。

皮膚の疾患やアレルギーなどの症状には、一見すると乳酸菌などは関係がないと思われがちですが、実はとても深く関わっているのです。

免疫細胞を活性化して、皮膚の疾患を改善するL92について学んでいきましょう。

L-92乳酸菌の特徴とは?

カルピス社が多くの乳酸菌から選び抜いたのがL92-乳酸菌です。このL-92乳酸菌は2010年あたりから一番着目されている乳酸菌といって間違いないです。

L-92乳酸菌の正式名称は「ラクトバチルス・アシドフィルスL-92株」と言います。

乳酸菌とは、糖を分解して乳酸を作る細菌の総称です。

乳酸は、運動によってグリコーゲンやブドウ糖などが使われるときに同時に生成されるものです。今のところ発見されている乳酸菌は約400種類とわかっています。

しかし、その中で効果が明らかになっている乳酸菌は極めて少ないです。

乳酸菌には一つ一つに特徴的な作用がありますが、身体の免疫機能を高めることによって、インフルエンザ感染の抑制を期待できると近年の研究結果で分かったのが「L-92乳酸菌」です。

「L-92乳酸菌」には、免疫細胞でウイルスに感染した細胞を攻撃する働きをもつ「NK細胞」を活発にさせます。

また、ウイルスの体内への侵入を阻む「IgA抗体」という物質の唾液中の分泌を促進させる作用があることが、わかっています。

ウイルスと闘う身体の免疫システム

私たちの人体にウイルスや細菌などの病原体が立ち入ると、病気から人体を守ろうとして、病原体を攻撃する細胞が活性化して働きます。

この細胞は免疫細胞と呼ばれるものであり、いくつかの種類が存在します。

その中の一つが、上で簡単に説明した「NK細胞」。

常時全身を巡りまわり、ウイルスに感染した人体に害のある細胞やがん細胞が発生していないかパトロールして、見つけたら即座に攻撃する働きをするのです。

また、同様に免疫細胞のひとつであるB細胞は、ウイルスなどを捕まえて排除する「抗体」を作り出します。

抗体には、

  • IgG
  • IgA
  • IgM
  • IgD
  • IgE

の5種類があります。

その中のひとつ、「IgA抗体」はウイルス感染の侵入口になる口や鼻、目などの粘膜に点在し、とりわけ唾液中に多数存在しています。

この「IgA抗体」の活動によって、ウイルスの体内への侵入が阻止されています。

その他、数多くの免疫細胞が体内で働いているため、人体の健康が保持されているのです。

アレルケアについて

L-92乳酸菌を配合している乳酸菌サプリで代表的なアレルケアは、日本アトピー協会推薦品でもあります。

様々な効果が期待L-92乳酸菌ですが、最大の特徴はアトピー対策といえそうです。2015年の段階でもL-92乳酸菌は、成人アトピーへの有効性、生後10カ月~3歳未満の赤ちゃんのアトピーへの有効性が発表されました。

他にも、L-92乳酸菌以外の乳酸菌で、アトピーに有効だと発表されている乳酸菌はLGG乳酸菌やL-55乳酸菌などが挙げられます。

しかし、それらのアトピーへの効果の発表は、それぞれ1つか2つぐらいの実験結果にしかなりません。

L-92乳酸菌みたいに、幅広い年代のアトピーに対して効果を発表している乳酸菌は貴重なのです。

そしてL-92乳酸菌は、並大抵の乳製品で摂ることが難しい貴重な乳酸菌です。

アレルケアなら、このL-92乳酸菌を人体に手軽に摂取することができます。

ちなみに、アレルケアはアレルギー物質(以下の27品目)を含まない製品になります。

アレルギー物質(27品目)とは食品衛生法で定められた特定原材料等27品目のことを指します。

アレルギー物質(27品目)
乳、卵、小麦、そば、落花生、えび、かに、あわび、いか、いくら、オレンジ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン、カシューナッツ、ごま

乾癬

乾癬 L-92乳酸菌

乾癬は長い間続く皮膚の疾患です。皮膚が赤みを帯びていき、最終的には肌がボロボロになる辛い病気です。

乾癬にはどんな症状が現れるのかお伝えしていきます。

乾癬の症状

乾癬とは、慢性の経過をとる皮膚疾患です。

人によって症状や発症する場所が異なり、典型的な症状として、皮膚から少々盛り上がった部分[浸潤・肥厚(しんじゅん・ひこう)]赤い発疹[紅斑(こうはん)]の表面に、銀白色のフケのようなもの[鱗屑(りんせつ)]が付着し、ボロボロとはがれ落ちていく皮膚の病気です。

乾癬の皮膚では、炎症を引き起こす細胞が集結して活性化しているため、毛細血管が広がり、皮膚が赤色の状態になります。

一方、皮膚表面の細胞が、健全な皮膚と比較して10倍以上の速度で再生を繰り返し、生産が過剰な状態になります。

過剰に生産された皮膚表面の細胞は積み重なり、鱗屑となって剥げ落ちます。

日本では、国内の患者の数は10万人(1000人に1人)以上になります。

男女比は2対1で女性よりも男性に多く、子供から高齢者まで年齢層は広いのですが、男性は30代、女性では10代もしくは50代での発症が多いです。

病原菌が原因ではないので、他の人に感染はしません。

乾癬の原因について

乾癬は免疫の異常が起きやすい体質の人に、気候、怪我、病気、薬、精神的ストレス、不規則な生活リズムなどの刺激などの外的要因と、糖尿病や脂質異常症(高脂血症)、肥満など体内の変化などの内的な要因が加わって、発症すると推測されています。

今まで、乾癬を発症する原因は謎のままでした。

しかし、最近の研究では皮膚表面細胞の過剰な増殖と、免疫の異常が付け足されることで炎症が起こり、乾癬を発症することがわかりました。

乾癬は感染する疾患ではないので、発疹に触れても、温泉やプールになどに一緒に入っても、他人に移すことはありえません。

遺伝するときもあるようですが、過度に心配する必要はないようです。乾癬が発症しやすい体質は遺伝すると言われますが、発症しやすい体質だからといって乾癬になるとは限りません。

乾癬を持つ親の子供が発症するのはおよそ5%と考えられています。

症状の治療方法

乾癬は慢性の疾患なので、現在の治療方法では完治は難しいです。

しかし症状のない状態を長期間保つことはできます。治療の継続と生活習慣の改善によって、最初のうちは症状をよくすることを目標としましょう。

大きく分けて乾癬には4つの治療法があります。

外用療法

基本的な治療方法です。

ステロイド外用薬

白血球の活動や血管の広がりを抑圧することで炎症を抑える薬で、紅斑の治療に効果があります。

効果が現れますが、長期的に使用すると皮膚萎縮・毛細血管が広がるなどの副作用を発症する可能性もあります。

効果の強さで5つのランクに分けられており、症状に応じて使用します。

ビタミンD3外用薬

乾癬になった皮膚は表面の皮膚が尋常じゃない速さで増えているので、増加を抑圧し、正常な皮膚に誘導するのがビタミンD3です。

鱗屑や皮膚の盛り上がりの症状には効果があります。薬剤の効き目は比較的遅い薬剤になります。定められた量より多く塗るなどの誤った使用方法をすると、のどの渇き、脱力感、食欲不振などの全身に対する副作用が生じる場合があります。

しかし、ステロイド外用薬の使用に伴う皮膚萎縮などの副作用はでないようです。

ステロイドとビタミンD3の配合外用薬

ステロイド外用薬とビタミンD3外用薬の効果をどちらも持っており、即効性と十分な効き目が期待できます。

両方の薬の副作用もあるので注意が必要です。

光線療法(紫外線照射)

光源ランプを使って紫外線を照射していきます。効果が特にあるのは中波長紫外線(UVB)と長波長紫外線(UVA)です。

近頃、知名度が上がってきたのが、UVBが含有する有害な波長を取り除き、治療効果が高い波長だけを使用する「ナローバンドUVB療法」です。

感知しづらい部分や光が届きづらい部分の治療に効果的な「ターゲット型エキシマランプ」も普及しています。

UVAは、光に対して感受性を上げる薬剤を内服、もしくは外用した後に照射する「PUVA療法」に用います。

内服療法

皮膚細胞の過剰増殖を抑圧するレチノイド(ビタミンA誘導体)、免疫反応を抑制するシクロスポリン(免疫抑制薬)などの内服療法があります。

レチノイドは単体で使用する場合と、光線療法と合わせて使用する場合があります。

生物学的製剤

以上の治療で効果がみられない人には、バイオテクノロジーで開発された「生物学的製剤」が使用されます。

皮下注射と点滴があり、病変部分に炎症に関する物質を抑制する効果があります。

L-92乳酸菌は乾癬治療に有効か

乾癬 L92-乳酸菌

ここまではL-92乳酸菌の性質と乾癬の症状について説明してきました。

ここからはL-92乳酸菌が乾癬に対して、どのような効果をもつのか検証してきたいと思います。

身体の免疫機能を向上させる

乾癬はアレルギー性のものが多数存在し、L92乳酸菌を使用することで症状が改善したという口コミが多く存在します。

これはアトピーなどと同様に身体の免疫機能が改善され、自身の治癒力が向上するために乾癬の症状が良くなったと考えられているからです。

乳酸菌の中でもL92の効果は格別である。

乳酸菌の中でも効果が明らかになっている乳酸菌は極めて少ないと述べました。乳酸菌には一つ一つに特徴的な作用があります。

しかし、L-92乳酸菌は身体の免疫機能を高めることで、身体全体のあらゆる調整を整え、皮膚の新陳代謝が上手くいくようにします。

それによって、皮膚は絶えず古い表皮と新しい表皮が入替わっていた乾癬の症状が緩和されます。

過剰な免疫機能を正常にする

乾癬は、最近の研究で皮膚表面細胞の過剰な増殖と、免疫の異常が付け足されることで炎症が起こり、発症することがわかりました。

免疫の作用を高める以外にも正常にすることで乾癬の症状を食い止めます。

まとめ

乾癬 L92-乳酸菌

L92と乾癬についてお伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか。

乾癬は非常につらい病気ですので、症状が発症したと思ったら乳酸菌で体内の免疫機能を改善することが治療の第一歩になります。乳酸菌を用いて乾癬の症状を改善していきましょう。

当サイトおすすめの乳酸菌サプリメントは、こちらでご紹介しております。
>>空振りナシ! 乾癬用サプリメントランキング